モーリー@HSPを生きる

スポンサーリンク
人間関係

他人の顔色ばかり気になるのを何とかしたいなら

周りの人の反応や感情に敏感なために、常日頃から他人の顔色ばかり気にする癖はないでしょうか。それはひょっとしたらHSPによるものかもしれません。HSPの場合、他人の反応や感情に影響されやすいため、ついつい他人の顔色を気にしがちです。HSPの人が、他人の顔色を気にしがちな癖をどう扱ったらいいのか、ご紹介します。
人間関係

HSPだとたくさんの人と会うととても疲れる

HSPのおかげで、たくさんの人と会って話すととても疲れてしまい、一晩寝ても疲れが取れないということはありませんか。疲れだけでなく、初対面の人やあまり親しくない人と話した内容を振り返って反省したり、もっとうまくコミュニケーションを取れたらよかったのに、と自己否定をすることもあるでしょう。たくさんの人と会うととても疲れるときの対処方法をご紹介します。
人間関係

HSPのための怒りっぽい人との接し方

怒りっぽい人との接し方はHSPの人には大変です。自分自身が怒られるのはもちろんですが、誰かが怒られているのを見るだけでも気持ちが落ち着かずに疲れてしまいます。HSPの人が怒りっぽい人と接するときのコツをご紹介します。
人間関係

集団の中で疲れやすいHSPの特性と付き合うには

他人と長時間一緒にいるだけで疲れる、人混みの中にいるだけで色んな人の感情を拾って疲れてしまうなど、HSPのために集団が疲れるという人は多いです。私も満員電車やラッシュ時の駅構内、お祭りやテーマパークなどの人混みにいるとすぐ疲れてしまいます。ここでは「集団の中で疲れやすいHSPの特性とどう付き合えばいいか」をご紹介します。
人間関係

HSPのために会社で働くのが辛いと感じるなら

HSPの人は感受性が高いために、会社で働くのが困難な場合があります。 会社で複数人で働く場合、いろんな人と接する機会があります。 いつ電話がなるか分からない、絶えず人の往来があるなど、HSPの人には集中力が低下する要因が多いです...
刺激との付き合い方

HSPで大きな声、どなり声が苦手な人はどうしたらいいか

HSPの人には大きな声やどなり声が苦手な人は多いのではないでしょうか。自分に向けられた大声やどなり声はもちろん、たとえば知らない母親が子供を叱る時の声にまで、自分に向けられていないのに内心ビクビクするなどです。大きな声、どなり声が苦手なHSPの人はどうしたらいいか、ご紹介します。
自分との付き合い方

HSPのために自分の意見を話そうとするだけで涙が出るなら

HSPのためにただ普通にコミュニケーションを取りたいだけなのに、意見を言おうとすると涙が出てくる... 涙だけではなく、怒りや被害妄想、不安など感情が高ぶりすぎて話しすら困難になるという人は意外と多いです。そんなHSPの症状に悩む人が普通にコミュニケーションを取るにはどうしたらいいか?をご紹介します。
人間関係

HSPで人より傷つきやすい、悩みやすいことが気になるなら

HSPで人より傷つきやすい、悩みやすいことが気になるときの対処方法をご紹介します。まず、自分が気になることを客観的に書き出してみること。SNSで同じようにHSPで悩んでいる人を見つけたり、つながりを作ることが有効です。
自分との付き合い方

HSPの人が事件や災害など悲惨なニュースに過度に影響されないためには

テレビやネットなど、身の回りにはあまりに悲惨な事件や災害の情報に溢れています。それらに影響を受けないためにはまず、なるべくニュースを見ないようにしましょう。それでもニュースを見てしまった場合は、自分にあった気分転換の方法を身につけることです。
人間関係

HSPで他人の感情をもらいすぎて自分の感情のコントロールが難しいなら

まず、他人の感情をもらいやすいという、性質はHSP特有のものなので、あなたのせいではありません。他人の感情を受け取ったら「ああ、これは他人の感情を受け取ったな」と客観的に理解することです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました