地方から東京への就活で困るのは交通費!就活生がお金がないのを乗り切るには

地方から東京への就活、交通費はどうする? 独身

地方からの就職活動はとにかくお金がかかります。

私も地方の大学に通っていて就職活動のたびに東京に行きましたが、お金がかかって大変でした。

就活前に貯めていた貯金はすぐに底をつき、趣味の物を売ったりしてお金を作りながら就職活動をしていました。

ここでは地方からの就職活動を乗り切るために私がどんなことをしたか?体験談を交えてご紹介します。

地方からの就職活動はとにかく交通費がかかる!

とても困った様子の男性
説明会に参加するだけでも往復5,000円!交通費が痛すぎる

大学が地方にあったため、東京の就職説明会や面接に一度行くだけで格安の高速バスでも往復5,000円ほどかかりました。

なるべく日帰りにしましたが、泊まりがけのときは漫画喫茶や24時間営業のファミレスを活用していました。

それでも就職活動中には生活費、貯金ともに無くなり、お金に困ることが多かったです。

就職活動を始める前にバイトなどで貯めていたお金も就職活動が長引くにつれ、あっという間に無くなってしまいました。

お金がないので食費を節約、趣味の物をお金に替える

困った様子の男性
まとめ買いで食費を節約、趣味の物を売ったりしました

まず一番簡単に減らせる食費を節約しました。

スーパーで安い食材をまとめ買いして、さらに作り置きをすることで都度かかる電気代も節約するように努めました。

それでもお金が足りなくなってきた際は、趣味で集めていたゲームソフトや洋服などをフリマアプリや中古ショップに売ってお金にしました。

ガス代が払えず冷水でシャワーを浴びることも

とても困った様子の男性
冷水シャワーは疲れが取れずに大変!

生活費が足りなくなって一番困ったのは、ガス代や電気代を払えなくなったことでした。

電気と水道はなんとか払えたのですが、ガス代が払えなくてガスが止まったこともありました。

まだ夏場だったので冷水でシャワーを浴びて我慢しました。

ですが、やはり冷水では疲れも取れないので大変でした。

とはいえ交通費は意外と節約しやすい

就職活動中の移動をなるべく徒歩にしたり、電車よりも安い高速バスに変えることにしました。

時間はかかりますが、2駅くらいなら歩けば意外とお金が浮きました。

また、高速バスは電車よりも安く上げることができますし、乗り換えも少なくて結果的には負担が減りました。

同じく地方からの就活中でお金に困っている人がいたら

指差しする男性
交通費は意外と押さえやすい。借金するくらいなら親を頼りましょう!

地方からの就活はやはり交通費がネックです。

交通費を節約したり、お金を工面するには以下のような方法があります。

交通費を押さえるなら高速バス、現地での移動は徒歩で

交通費を押さえるなら、電車よりも高速バスの方がいいです。

乗り換えも少ないので、バスは楽ちんです。

夜行バスが出ている場所なら、宿泊費も押さえられてなおベターですね。

現地でも移動も、東京都内なら1~2駅は普通に歩ける距離ですから、交通費を押さえやすいです。

なるべく日帰り、宿泊が必要なら漫画喫茶やファミレスを

なるべく日帰りにすれば宿泊代が抑えられます。

宿泊が必要なら、漫画喫茶か24時間営業のファミレスなどを活用しましょう。

ただし女性の場合は防犯のため、ファミレスより漫画喫茶の方が良いだと思います。

物を売るとお金にできる

もしあるならいつか使うかもしれないと思っているものをまず売ることをおすすめします。

あまりお金にしかならないかもしれませんが、無いよりはマシです。

親が頼れるなら親に頼ろう

自分の就活を無条件に応援してくれるのは親以外にいません。

お金が足りないなら、親を頼れるなら頼りましょう。

友人にお金を借りるつもりなら、クレジットカードやカードローンの方がまだマシ

どうしてもお金がないなら、就活中だけと思ってクレジットカード払いやカードローンを使うのも一つの手だと思います。

友人から借りるのは関係の破綻に繋がることが多くあるのでおすすめしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました