HSPで大きな声、どなり声が苦手な人はどうしたらいいか

刺激との付き合い方

HSPの人には大きな声やどなり声が苦手な人は多いのではないでしょうか。

自分に向けられた大声やどなり声は苦手なのは当然として。

知らない母親が子供を叱る時の声にまで、自分に向けられていないのに内心ビクビクするなどです。

大きな声、どなり声が苦手なHSPの人はどうしたらいいか、ご紹介します。

HSPで大きな声、どなり声が苦手な人はどうしたらいいか

街中では、たとえ音楽を聴かずともイヤホンを装着したり、なるべく広い道を歩くことで、パニック状態に陥らないような工夫をするのも一つです。

仕事面でも特に気の強い人や口調が厳しい人が苦手なため、なるべく毎回上司が入れ替わるような、短期や日雇いのアルバイトを選ぶようにしています。

クラウドソーシングなどの家でできる仕事も活用しています。

周囲にHSPを理解してもらうのが難しいなら

自分のHSPの症状を言葉にして伝えるのは勇気がいることですね。

言葉にして伝えるのが難しければ、具体的な出来事に合わせて説明していくのが効果的です。

周囲の人の声や物音に自分が反応してしまったら「私ってこういう大きな声とか苦手なんだよね…」と発信することで、HSPと伝えることなく「この人は敏感な人なんだ」と理解してくれるでしょう。

もちろん、理解を示してくれない場合も多々ありますが、一人でも理解者ができればそれだけで気持ちが楽になります。

HSPの人がより生きやすくなるには

やはり一人で抱え込むには限界があります。

HSPの人がより生きやすくなるために、少しでも自分のことを理解してもらえる人と出会って欲しいと思います。

親でも友達でも、インターネット上の人でも、年下の人でも、自分のHSPゆえの感受性の高さに、共感、尊重してもらえる人を見つけましょう。

わずかでも理解してもらえることで、自己肯定感がぐっと高まります。

HSPは愚痴や怒りではなく、繊細さで他人と繋がることが出来ると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました