HSPのために会社で働くのが辛いと感じるなら

人間関係

HSPの人は感受性が高いために、会社で働くのが困難な場合があります。

会社で複数人で働く場合、いろんな人と接する機会があります。

いつ電話がなるか分からない、絶えず人の往来があるなど、HSPの人には集中力が低下する要因が多いです。

例えば自分が怒られている訳ではないのに、近くのデスクで営業マンが叱責されているだけで、こちらまでドキドキ不安になり仕事が手につかなくなることもあるでしょう。

HSPのために会社で働くのが辛いと感じる場合、どうしたらいいかご紹介します。

いっそ会社で働くことを辞めるのも選択肢

まず第一にHSPのために働きづらい職場であるなら、いっそ転職するのは一つです。

HSPのために集団の中で働くことは合わないと考えて、在宅ワークに切り替えて楽になったという人もいます。

在宅ワークならば自分のペースで仕事ができますし、HSPならではの持ち前の集中力を最大限に活かすことができます。

今の会社で働き続けるのが困難と感じるなら、転職するなり在宅ワークに切り替えるのは有効です。

会社を辞めたくない場合は自分が影響を受けやすい人を見極めること

しかし様々な理由から会社を辞めるわけにはいかないという人もいるでしょう。

その場合は、なるべく自分が影響を受けやすい人とは接しないようにすることで、必要以上にブルーになったり、不安にならないようにする工夫が必要です。

事情を説明して、部署替えや席替えなどを相談してみるといいでしょう。

家族や友人など自分のHSPを理解してもらえる人を増やす

会社での状況を改善するとともに、家族や友人など自分のHSPを理解してもらえる人を増やすことも大切です。

もしも会社での状況が改善しなくても、身近な人が自分のHSPを理解してくれていると思えば心の支えになります。

ある人は自分がHSPだと知ったときに、家族にもHSPについて書かれた本を紹介しました。

家族に本を読んでもらったところ「まさにここにあなたのことが書いてあるね」と言われ、とてもホッとしてようやく自分が受け入れられたと感じて涙が出たということです。

もしも同じくHSPの症状に困っている人がいたら

まずは自分の個性が「短所」ではなく「特性」であるということを認識してください。

自分が今の職場に適応できないと感じているのなら、それは自分の責任ではなくHSPの特性だと切り分けましょう。

その上で今の職場が苦痛ならば、より自分らしく過ごせる会社に転職することは、何も悪い事ではありません。

過度な人間関係のストレスで倒れてしまう前に、ある程度コミュニティを限定するなど工夫することで、負荷がかかりすぎることを防ぐこともできますから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました