HSPのための怒りっぽい人との接し方

人間関係

HSPの特性のために人との接し方に困る人は多いでしょう。

特に、怒りっぽい人との接し方はHSPの人には大変です。

自分自身が怒られるのはもちろんですが、誰かが怒られているのを見るだけでも気持ちが落ち着かずに疲れてしまいます。

HSPの人が怒りっぽい人と接するときのコツをご紹介します。

HSPのために周囲の人が怒られているだけでも苦しい

たとえば上司がとても怒りっぽい人だったとしましょう。

他の社員に対して説教している時に、自分も怒られている気分になってしまい、必要以上に緊張したり、疲れてしまうのではないでしょうか。

HSPの特性ゆえ、いつか私も同じように怒られるのではないかと思い、びくびくして発言できなくなってしまいます。

怒りっぽい人に接するコツは相手を理解すること

怒りっぽい人が苦手な理由は、相手の表情や仕草の一つ一つが気になって、あれこれ一人で考えを巡らせているからです。

そのため、勇気をだして自分から声をかけるのは有効です。

あれこれ思案して不安になるよりも、本人に直接声をかける方が解決することが早いこともあります。

怒っていると思っていたら単純にそういう口調だと理解できるかもしれませんし、もしも本当に怒っていたとしても、その理由がわかれば腑に落ちてストレスが軽減することもできます。

会話を通して自分と他人の価値観の違いに気づけるので、相手に対する理解力が増し、結果としてストレスが減ります。

どうしても苦手なら接触頻度を減らすのも有効

相手を知ることで怒りっぽい人との接し方を工夫することもできますが、どうしても苦手な相手というのも当然います。

そういう人との接し方をどうこうするよりも、なるべく接触しないようにするのも一つです。

職場なら席の配置を変えてもらうようお願いしたり、部署異動を願い出てもいいでしょう。

無理して苦手な人との付き合い方を工夫しないことも自分を守る上で大切なことです。

自分の心のケアを大切にする

とはいえ、HSPの人は他人の感情に影響を受けやすいので、どうしても怒りっぽい人と接するのは疲れます。

日々の疲れを癒やすために自分の心のケアをしましょう。

たとえば毎日お気に入りの場所に行く。

アロマやネイル、マッサージなどで自分を癒す。

そんなふうに自分自身のメンタルを回復できる工夫を作ってください。

私はどうしても気持ちが落ち着かないときは、一人の時間を大切にするようにしています。

漫画喫茶に行ったり、瞑想したり、公園でぼーっとしたり、長めのお風呂に使ったりして心身ともにリラックスできるよう工夫しています。

仲間を見つけることで気持ちを楽にしよう

同じように色んなことを敏感に感じてしまう人は他にもたくさんいます。

自分一人だけ苦しいわけではない、仲間がいると思うだけでも安心できるでしょう。

リアルであればなおいいですが、TwitterなどのSNSなどオンラインでも構いません。

現代社会はHSPの人は生きづらい環境かもしれませんが、少しでもストレスの少ない、自分にあった職業や環境を自ら整えることも大切なことだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました