HSPだとたくさんの人と会うととても疲れる

人間関係

HSPの人の場合、たくさんの人と話したり、親しくない人と話すと疲れることが多いです。

たくさんの人と会って話すととても疲れてしまい、一晩寝ても疲れが取れないということはありませんか。

疲れだけでなく、初対面の人やあまり親しくない人と話した内容を振り返って反省したり、もっとうまくコミュニケーションを取れたらよかったのに、と自己否定をすることもあるでしょう。

ここでは、たくさんの人と会うととても疲れるときの対処方法をご紹介します。

HSPの人がたくさんの人といるだけで疲れるのは当然のこと

たくさんの人といるだけで疲れるのは、他人の思念や感情を受け取ってしまうから。

しかしそれはHSPの特性のためであり、自分にはどうしようもないことです。

無理して止めようとせず、自分が感じているよりも、人は他人に関して無関心だということを思い出しましょう。

今日話したことやあったできごとも、自分が気にするほど相手が気にすることもなく、すぐに忘れさられてしまいます。

意識的に休憩を取る

たくさんの人のいる場ですごすのが苦痛なら、トイレ休憩など理由をつけて、意識的に一人になるのも大切です。

自分が疲れそうだと感じたらすぐに休憩を取るようにしましょう。

「離席したら失礼ではないか?」と相手に気を使いすぎず、自分を大切にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました