他人の顔色ばかり気になるのを何とかしたいなら

人間関係

周りの人の反応や感情に敏感なために、常日頃から他人の顔色ばかり気にする癖はないでしょうか。

誰かが怒られているのを見るとまるで自分が怒られているように一緒に落ち込んでしまうなどなど。

それはひょっとしたらHSPによるものかもしれません。

HSPの場合、他人の反応や感情に影響されやすいため、ついつい他人の顔色を気にしがちです。

HSPの人が、他人の顔色を気にしがちな癖をどう扱ったらいいのか、ご紹介します。

他人の顔色が気になるのはHSPの特性だと割り切る

まず、HSPの人が他人の顔色が気になるのは、他人の感情と自分の感情を切り分けできないためです。

これはHSPの特性ですから、仕方ないといえば仕方ありません。

HSPの特性である以上、「他人の顔色ばかり伺う自分はおかしいのではないか」などと自己否定する必要はありません。

自分が他人の顔色をうかがう癖があるけど、これはHSPの特性であり、自分のせいではないと割り切るのが第一歩です。

他人の顔色が気になるHSPの特性とどう付き合うかが肝心

他人の顔色が気になるのはHSPの特性である以上、まったく気にならないようにするのは難しいです。

ですから自分が他人の顔色が気になっていると気づいたら、「これはHSPの特性であり、自分と他人の感情は関係ない」と一歩引いて考えるようにしましょう。

周りの感情を過敏なほどに気にしてしまうので「私は私……人は人…」と唱えるようにしている、という人もいます。

HSPの特性であるため根本的な解決は難しいですから、いかに自分の中で消化するテクニックを身につけるかが大切です。

単純に他人と距離を取るのも効果的

他人の顔色が気になって仕方ないなら、単純に他人と距離を取るのも効果的です。

たとえば複数人で会話している席で、他人の顔色が気になったら、トイレなどを理由に一時的に離席するのもいいでしょう。

どうしてもその場に居続けるのが難しければ、何らかの理由をつけて退席するのも手です。

「途中で帰ったりしたら迷惑ではないか?」などと気にする必要はありません。

あなたがストレスを抱えながらその場に留まるよりも、離席してストレスを感じない方が互いのために良いということだって多々ありますから。

自分が生きやすくなる工夫をしよう

繰り返しになりますが、他人の顔色が気になるのはHSPの特性です。

あなた自身に何か問題があるのではなく、HSPによるものなのです。

ですから「他人の顔色ばかり気にしすぎなのかな?」「私がおかしいのかな?」と自分を責めずに、あくまで「これは個性である」「人より色々なことに気付ける」と肯定的に考えるようにしましょう。

自分が生きやすくなるよう、工夫をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました